多くのペットの餌が登場している中で、ウェットタイプの餌は少し高級そうなイメージ。そんなウェットタイプや缶タイプにはメリットやデメリットがあります。ウェットタイプと缶タイプのメリットとデメリットはどのようなものなのでしょうか。愛猫の餌を選ぶ際のヒントにしましょう。

 

缶詰

 

ウェットタイプ・缶タイプの餌とは

 

猫の餌にはさまざまな種類がありますが、良く使われているのがドライタイプのカリカリとした餌。ウェットタイプや缶タイプの餌は、少し高級感のあるイメージがありますが、どのような餌を指すのでしょうか。

 

ウェットその他・・・水分75%程度で、品質保持のために殺菌工程を経て、アルミトレーやレトルトパウチに充填されたフード。
ウェット缶詰・・・水分75%程度で、品質保持のために殺菌工程を経て、缶詰に充填されたフード。(一般社団法人日本ペットフード協会から引用)

 

一般的に多くの飼い主さんが活用しているドライタイプは水分量が10%以下。ドライタイプと比べると、ウェットタイプの猫の餌は水分量が75%程度と、水分量に圧倒的な違いがあることが分かります。缶タイプ以外にも、パウチに入っているタイプも人気です。

 

ウェットタイプ・缶タイプのメリットとは

 

ウェットタイプや缶タイプの猫の餌には、そのしっとりとした食感やたっぷりと含まれた水分量により、さまざまなメリットがあります。ウェットタイプや缶タイプの猫の餌のメリットはこのようなものが挙げられます。

 

水分がたっぷりと含まれている

含有水分量が約75%とかなり高めのため、水分も同時に摂取することができます。なかにはなかなか水を飲んでくれない猫もいるため、水分不足は病気を招きます。そのような場合、水分を豊富に含んでいるウェットタイプの猫の餌がとても便利です。

 

老猫でも食べやすい

しっとりと柔らかいウェットタイプの餌は、歯やあごが弱くなった老猫にも食べやすくなっています。また、水分が多いため消化しやすいと言う利点もあります。

 

食欲がない時でも食べられる

食欲がないという時も、ウェットタイプの餌であれば食べてくれることがあります。水分が多いため食べやすいということもありますが、ウェットタイプの餌はドライタイプの餌よりも嗜好性が高くなっています。そのため、あまり食欲がない時でも、食いつきをアップさせることができます。

 

衛生面を気にしなくていい

ウェットタイプの餌は、缶やパウチなどに入っています。大袋に入っていることが多いドライタイプの餌と違い、一回分の量が小分けされているため、衛生面で安心できると言えます。

 

ウェットタイプ・缶タイプのデメリットとは

 

猫の牙

 

コストがかかる

ドライタイプの餌と比べると、1食分のコストは明らかにウェットタイプや缶タイプの餌の方がかかります。餌にあまりお金をかけられないという飼い主さんは、毎食ウェットタイプの餌だとかなり厳しいと感じるはず。

 

保存ができない

ウェットタイプの餌は一度開封してしまうと、保存がとても難しくなります。食の細い愛猫は、1袋、または1缶すべてを食べることができない場合もあります。開封済のウェットタイプの餌は、酸化しないよう口を閉じ、密閉容器に入れ冷蔵庫へ。それでも次の日までは持たず、その日のうちに消費してしまう必要があります。

 

歯石や歯垢が付きやすい

ウェットタイプの餌は、その柔らかさから歯石や歯垢が付きやすいと言われています。ウェットタイプを食べている愛猫の歯のケアはしっかりと行ってあげる必要があります。

 

まとめ

 

ウェットタイプや缶タイプの餌のメリットとデメリットを見てみると、まさに表裏一体。メリットになる部分は、その特性から逆にデメリットにもなっています。メリットとデメリット、どちらを重要視するかによって、選択肢が変わってきます。