犬には絶対食べさせてはいけない食品リストがありますが、実は猫にも食べさせると危険なものがあるのです。私たち人間が食べているものの中にも、その危険な食品はもちろんあります。愛猫が欲しがるからといって与えてしまうと、命に関わる危険性もあるのです。そうならないためにも、与えてはいけない食品や成分をしっかりと認識しておきましょう。

 

命の危険も!絶対に食べさせてはいけないもの

 

タマネギ

 

猫には絶対に食べさせてはいけない食品があります。食べさせると健康に悪影響を与えるとか、体調を崩す危険性があるなどというレベルではなく、愛猫の命を奪ってしまうこともあるほど危険なのです。猫に絶対に食べさせてはいけないものはこのような食品が挙げられます。

 

  • ネギ・ニラ・タマネギなどのユリ科の植物
  • チョコレートなどのカカオ食品

 

猫に食べさせてはいけない食品はさまざまなありますが、この2つだけは絶対に与えないようにしましょう。ほんの少しだけだから大丈夫などという考えは捨てることです。命に関わる場合もあります。

 

ネギニラタマネギにんにくなどのユリ科の植物に含まれる物質アリルプロピルジスルファイドが、猫の赤血球を破壊してしまうと言われています。そのため重篤な貧血血尿、また腎障害などの引き起こす原因となり、命を落とすという事例もあります。これらの食品のエキスが染み出たスープなども避けた方が無難です。

 

またチョコレートなどに含まれるカカオにはテオブロミンという物質が含まれており、この物質を分解、代謝する機能が猫には備わっていません。そのため与えるとけいれんを起こし嘔吐、そのまま死に至るケースもあります。

 

生物は避けた方が無難

 

猫といえば魚をくわえているイメージが強いのですが、実は魚でも生物は与えない方がいいと言われています。青魚には健康にいいとされる不飽和脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれていますが、光物の魚は猫にあまりいい影響を与えません。もちろん生肉も厳禁。生肉に潜む寄生虫などに感染する危険性があります。

 

牛乳などの乳製品

 

普段私たちが飲んでいる乳製品には乳糖という成分が含まれています。猫にはこの乳糖を体内で分解することができません。そのため、下痢嘔吐の症状が現れる場合も。乳製品を与えたい場合は乳糖を除去したもの、もしくは猫用のミルクを使用することをおすすめします。

 

ぶどうやレーズン

 

ぶどうやレーズンを与えると嘔吐下痢、また腎不全を起こす危険性があると言われています。ぶどうやレーズンが含まれた加工物も与えてはいけません。

 

あわびなどの貝類

 

あわびを猫に与える人はそういないとは思いますが、あわびも猫に与えてはいけない食品のひとつです。あわびに含まれるピロフェオホルバイドは毒性があるため、猫の健康を損なう恐れがあります。

 

猫用以外の食べ物

 

動物であれば同じものを与えていいわけではありません。人間が食べている食べ物は猫にとって猛毒になるものもあり、また塩分が濃過ぎて猫の体には毒です。また犬用のドッグフードもダメ。猫に必要な栄養素を摂取できず、病気を引き起こす恐れがあります。

 

アボカド

 

アボカドに含まれる物質で中毒症状を起こす猫がいます。呼吸困難やけいれんを引き起こし、大変危険な状態になる場合もあるとのこと。

 

生卵

 

卵は必ず加熱してから与えるようにしましょう。生卵にはアビシンという成分が含まれており、このアビシンが体内のビタミンを壊してしまうと言われています。命の危険はないと思われますが、念のためしっかりと火を通して。

 

まとめ

 

動物にはその動物に合った、そして必要な栄養素があります。その逆で、絶対に摂取してはいけないものもあり、中には命に関わる重篤な症状を引き起こしてしまう場合も。

 

猫を飼うにあたって、危険なものは決して猫に与えてはいけない、また猫が間違って食べてしまうことのないようにすることは、飼い主の責任であることをしっかりと心得ておく必要があります。