私たち人間が健康で元気な体を維持するためには、炭水化物とタンパク質、脂質の三大栄養素に、ビタミンなどのその他3つの栄養素をプラスした六大栄養素をバランス良く摂取する必要があります。重要なのはそのバランスですが、猫と私たち人間とではかなり違いがあるようです。猫にとってどのような栄養素が必要であるのか見ていきましょう。

 

猫

 

四大栄養素をバランス良く

 

猫にとって必要な栄養素はこのようなものが挙げられます。

タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル

 

人間にとって必要な栄養素は大きく分けて、炭水化物タンパク質脂質ビタミンミネラル食物繊維の6種類で、猫と比べると、必要な栄養素がかなり違うことが分かります。

 

タンパク質

猫はもともと肉食の動物です。肉の栄養素はタンパク質で、必要な栄養素の多くはこのタンパク質から摂取しているといっても過言ではありません。タンパク質は筋肉や内臓、ホルモンなどさまざまな部分を作るための材料となる役割をもっており、まさに体を作る栄養素と言えます。

 

犬も肉食動物で多量のタンパク質を必要としますが、猫はその犬よりも多くのタンパク質を必要としていると言われています。中でもアミノ酸は特に重要で、猫が体内で合成することができない必須アミノ酸9種類、また体内合成が不得意で不足しがちな準必須アミノ酸2種類は必要不可欠なタンパク質であると言われています。

 

必須アミノ酸・・・アルギニン、トリプトファン、タウリン、フェニルアラニン、メチオニン、ヒスチジン、リシン、イソロイシン、オレオニン、ロイシン、バリン

準必須アミノ酸・・・チロシン、システイン

 

脂質

脂質は脂肪のことで、脂肪と聞くとあまりいいイメージがありませんが、健康な生活を送るためのエネルギー源になる栄養素のため、毎日適度に摂取する必要があります。脂質にも種類があり、肉の脂身やマーガリンなどに多く含まれる飽和脂肪酸と、青魚や植物油などに多く含まれる不飽和脂肪酸があります。

 

飽和脂肪酸を多く摂取すると健康にあまりいい影響を与えないことはとても有名。猫の餌を考える場合も、脂質は不飽和脂肪酸を選択するようにするといいでしょう。猫にとって必要不可欠な必須脂肪酸はこのようになっています。

 

  • オメガ6系脂肪酸・・・アラキドン酸、リノール酸
  • オメガ3系脂肪酸・・・αリノレン酸、DHA、EPA

 

ビタミン

ビタミンは体の機能を調整したり、体を整える働きのある栄養素のため、猫にとっても必要不可欠になります。ビタミンにはさまざまな種類があり、またその働きもそれぞれ持っているためバランス良く摂取する必要があります。必要なビタミンはこのようになっています。

ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンD・ビタミンC・ビタミンK

 

このビタミンの中で、猫が体内で作りだすことができるビタミンがあります。それがビタミンCビタミンKです。この2つのビタミンは体内合成可能なため、餌から摂取する場合はこの2つ以外のビタミン、ビタミンA・B1・B2・B6・Dを優先的に摂取すると効果的です。

 

ミネラル

ミネラルは強い体作りに必要不可欠な栄養素です。猫にはこのようなミネラル必要であると言われています。

鉄・カリウム・亜鉛・カルシウム・リン・ナトリウム・ヨウ素など

 

このようなミネラル群を摂取する際とても重要なことはその摂取バランスです。実は、カルシウムとリンの関係性がとても大切。リンを過剰に摂取すると、必要なカルシウムが溶け出してしまうと言われています。そのためリンとカルシウムは1:1の摂取バランスで摂るといいでしょう。

 

炭水化物と食物繊維は必要ないの?

 

猫に必要な栄養素である4つの栄養素を見て不思議に思った人も多いのではないでしょうか。人間に必要な栄養素である炭水化物と食物繊維が抜けているからです。猫にとって炭水化物と食物繊維という2つの栄養素は必要ないのでしょうか。

 

炭水化物は私たち人間にとっては主食である米、そして小麦などから作られるうどんやパスタなどがそれに当たりますが、猫にとって、炭水化物はそこまで必要なものではありません。

 

炭水化物は猫にとって消化しにくい栄養素であり、摂取しすぎると消化不良を起こすこともあります。市販の餌によっては配合されているものもありますが、なければないでいいものです。また食物繊維は腸内環境を整える栄養素として私たち人間にとっては重要な栄養素ですが、猫の腸内では消化、吸収できないものです。

 

ただし、食物繊維はだからといって不要なものではなく、適量の摂取が健康の維持につながると言われています。どうしても必須ではありませんが、さらなる健康維持を目的とするならば摂った方がいい栄養素と言えるでしょう。

 

特に忘れてはいけない栄養素は?

 

猫の目

 

猫にとってさまざまな栄養素が必要であると言われていますが、中でも特に積極的に摂取したい、忘れてはいけない栄養素があります。それはタウリンです。タウリンはアミノ酸の一種ですが、その中でも特に必要不可欠な栄養素であると言われています。

 

タウリンが不足すると拡張心筋症網膜異常生殖機能障害など、さまざまな症状を引き起こしてしまいます。タウリンは猫にとって特に重要な栄養素であると考えます。

 

まとめ

 

健康な体を維持するためには、毎日の食事が大切なことは猫も人間も同じ。猫は私たち人間とは必要である栄養素に違いがあり、間違った与え方をしていると健康に異常が現れることも。家族の一員である愛猫の寿命を延ばすためにも、必要な栄養素がなんであるかをしっかりと理解しておくことが大切です。